従業員が酷使されている…ブラックな脱毛サロンの特徴とは?

従業員が酷使されている…ブラックな脱毛サロンの特徴とは?

施術はもちろん店内清掃や顧客対応、技術習得など脱毛サロンの仕事は大変そうなイメージがありますね。

 

ですがスタッフが疲弊していたり、対応が乱雑になっていると、通常業務以外で酷使されているのではと勘ぐってしまいます。

 

脱毛サロンは繊細な施術を行うところですから、ブラックな脱毛サロンと契約しないように、特徴をしっかり頭に入れておきましょう。

 

ブラックな脱毛サロンの特徴

 

労働環境を第三者が見極めるのは難しいですが、ブラックな脱毛サロンには特徴があります。

 

  • 勧誘がしつこい(厳しいノルマがある)
  • やる気がなく対応が悪い(サービス残業などをさせられている)
  • 店内が乱雑(仕事へのモチベーションが低い)
  • 店内が閑散としている(顧客が定着していない)

 

どの特徴もうんざりしてしまいますが、残念ながらブラック脱毛サロンを見極めるには一度店舗に行く必要があります。

 

いくら分かりやすい特徴があるとしても、自分の目で見て実感しないとブラックかは判断できないのですね。

 

脱毛サロンはどこもブラック?

 

脱毛サロンに限らず、美容に携わる会社というのは多かれ少なかれブラックな部分を抱えているのが実情です。

 

その理由は、年々激しくなる生存競争にあります。

 

特に脱毛サロンは出店率が高く、ターミナルステーションなどでは大手脱毛サロンのほとんどが出店しています。

 

ターミナルと言っても脱毛する人は限られていますから、その中から顧客を獲得するのは本当に大変です。

 

顧客が確保できなれば売上も悪くなるので、ノルマは厳しくなりますし、人件費を削るため残業代を払わないということもあるのです。

 

ですが優良な脱毛サロンであれば従業員を酷使することはありません。

 

ノルマがあっても残業代を出せなくても、他の部分でカバーするのが一般的です。

 

ですので、すべてがブラックではありませんから、自分の目で確かめることが大事なのですね。

 

脱毛サロン選びをするときは、まずいろいろなお店の無料カウンセリングを受けてみましょう。

 

分が気持ちよく通えそうなお店を絞っていけば、ブラックな脱毛サロンは避けられます。

足脱毛サロンランキング
page top