IPL脱毛とSSC脱毛で使われる光の違いとは?脱毛の仕組みも違うのか?

IPL脱毛とSSC脱毛で使われる光の違いとは?脱毛の仕組みも違うのか?

脱毛の方法はいろいろありますが、脱毛サロンの施術で主流となっているのがIPL脱毛とSSC脱毛です。

 

これらの脱毛法は使用する光や脱毛の仕組みに違いがあります。

 

光の種類の違い

 

IPL脱毛では、インテンス・パルス・ライトという光を使っています。

 

この光は、もともとはシミやあざの治療に使われていたものです。

 

治療を行う上でムダ毛が減少する効果が見られたことから、脱毛法としての研究が進められました。

 

その後製品化されて、現在では医療レーザー脱毛よりも痛みが少ない脱毛法として、脱毛サロンなどに導入されています。

 

一方、SSC脱毛というのはスムース・スキン・コントロール方式の脱毛法でクリプトンライトを使用します。

 

クリプトンライトは、肌をじんわりと温めるライトです。

 

インテンス・パルス・ライトはムダ毛のメラニンに反応しますが、クリプトンライトは施術時に使用するジェルに反応するというのが大きな違いです。

 

脱毛の仕組みの違い

 

IPL脱毛は、ムダ毛の毛根にダメージを与えて、発毛機能を低下させることで脱毛を行う仕組みです。

 

インテンス・パルス・ライトは、ムダ毛のメラニンに反応すると熱を発生させます。

 

この熱がムダ毛を伝って毛根組織に到達します。

 

すると、熱によって毛根組織がダメージを受けるので、ムダ毛の成長が阻害されるのです。

 

SSC脱毛は、熱によるダメージではなく、抑毛成分が配合された専用ジェルでムダ毛の成長を抑える仕組みです。

 

ジェルを脱毛部位に塗布し、そこにクリプトンライトを照射するとジェルが浸透します。

 

ジェルに含まれる抑毛成分が毛根組織にアプローチすることで、発毛機能が低下して脱毛効果が得られるのですね。

 

つまりIPL脱毛は熱で毛根組織に直接ダメージを与える、SSC脱毛は抑毛成分でムダ毛の成長を抑えるという脱毛の仕組みの違いがあるのです。

 

IPL脱毛もSSC脱毛も、くくりで言えば光脱毛という脱毛法に分類されます。

 

しかし光の種類の違いや脱毛の仕組みが違うように、痛みや効果の出方にも違いがあるので、しっかり比較して選びましょう。

足脱毛サロンランキング
page top