海外のアンダーヘア事情!日本との違いとは?

海外のアンダーヘア事情!日本との違いとは?

足脱毛をする多くの人が、Vラインとの境目に「毛ありゾーン」と「毛なしゾーン」が出来てしまい、VIO脱毛を検討することになる傾向にあります。

 

最近は、日本でもアンダーヘアを整えるVIO脱毛が人気になってきています。

 

今までアンダーヘアに無関心だった日本人にVIO脱毛の認識を植えつけたのは、海外セレブなどの影響が大きいでしょう。

 

しかしまだまだ海外と日本ではアンダーヘアへの認識に違いがあるのです。

 

海外ではアンダーヘアは不要物

 

外国人からすると、アンダーヘアは要らないものという認識です。

 

そのため小さい頃から処理するのが当たり前になっていて、すべてを処理している人も少なくありません。

 

外国人男性にも共通している認識になります。

 

アンダーヘアはないのが当たり前になっているので、何も手を加えていない日本人女性には違和感もあると言われています。

 

ただし、衛生面を気にしているわけではないのが、外国人と日本人の大きな違いと言えるでしょう。

 

外国人はデリケートゾーンを清潔にするために処理をしているわけではありません。

 

ですので処理の方法もかなり大雑把で、ブラジリアンワックスで一気に処理するというのが一般的です。

 

日本人にとってのアンダーヘアとは?

 

日本でもVIO脱毛はかなりスタンダードになってきています。

 

しかし、すべてを処理するという人はほとんどいません。

 

またアンダーヘアの処理に関しては、理由を付ける人も多いのが特徴的です。

 

  • 処理をすればアンダーヘアに汚物がつかなくなる
  • 蒸れを防いで臭いを予防できる
  • 下着や水着からはみ出る心配がなくなる
  • 清潔な状態を保ちやすくなる

 

こういった理由を付けることで、安心して脱毛処理が出来るという人が多いのが海外との違いと言えるでしょう。

 

そもそも、日本人にとってアンダーヘアは、邪魔だとしてもデリケートゾーンをカバーしてくれる存在です。

 

これがすべてなくなってしまったら、温泉などで恥ずかしいというのが一般的な常識です。

 

この感覚は外国人にはないので、日本と海外ではアンダーヘアに対する意識がまったく異なるのですね。

 

ただ認識は違うとしても、アンダーヘアを整えることは女性としての身だしなみです。

 

ですので、日本人には日本人にあった脱毛法でアンダーヘアもしっかり処理しましょう。

足脱毛サロンランキング
page top