背中ニキビと脱毛の光の関係!脱毛を断られる理由とは?

背中ニキビと脱毛の光の関係!脱毛を断られる理由とは?

自分で直接ケアがしにくいだけに、なかなか治らないのが厄介な背中ニキビですね。

 

背中には細かいうぶ毛がたくさん生えていて、さらに皮脂腺も多いので、蒸れのせいでニキビができやすいのです。

 

ただ、背中を脱毛で綺麗にしたいと思ってもニキビがあると断れてしまうのですが、その理由はどんなことなのでしょうか。

 

光の刺激によるニキビの悪化

 

脱毛はニキビを予防したり、改善するのに効果的です。

 

ですがニキビの状態によっては、施術で使用する光がニキビを悪化させてしまう可能性があるのです。

 

光脱毛は熱エネルギーを作り出して脱毛を行うので、肌が弱っているとトラブルのリスクが高くなります。

 

ニキビができている肌は、健康な状態ではありません。

 

ニキビ菌が繁殖したり、炎症が起こったりしていますし、油分や水分のバランスも崩れています。

 

そこに刺激となる光を照射すると、これらの症状がさらに悪化するかもしれません。

 

施術によって肌トラブルが起こった場合は、提携する皮膚科などで治療ができます。

 

よくドクターサポート付きといった感じでアピールされていますね?

 

しかし、もともとあったニキビが悪化した場合、脱毛サロンでは保証ができないので断られてしまうのですね。

 

ニキビ痕が残るリスクがある

 

ニキビを刺激すると、肌を守るためにメラニン色素が作られたり、炎症が真皮層まで広がったりすることがあります。

 

ニキビによって出来たメラニン色素は、色素沈着しやすいです。

 

炎症が真皮層まで達すると、肌細胞が死滅してしまい凸凹肌になってしまいます。

 

適切なケアをして治せればニキビ痕が残ることはありません。

 

しかし、ニキビはすでに炎症が起きている状態です。

 

そこに脱毛で刺激を与えると、炎症がさらにひどくなるため、こういったニキビ痕ができるリスクが高くなるのです。

 

いくら脱毛でムダ毛がなくなっても、ニキビが出来にくくなっても、ニキビ痕が残ったら綺麗な仕上がりにはなりませんね。

 

ただし、脱毛方法によっては施術が可能です。

 

また白ニキビの段階であれば、脱毛サロンによっては脱毛ができます。

 

あくまでもニキビに刺激となる光がNGなだけなので、ニキビ改善と脱毛を希望する方は一度相談してみましょう。

足脱毛サロンランキング
page top